ツイート

Pleasure Vinyl, "Officium"

  • 2005/05/29(日) 21:00:00

オフィチウム(ラテン語)で聖務日課(聖なる務め)は「オフィス」の語源らしいが、
Polshakovの中でオフィチウムとオフィスほどかけ離れたイメージもほかにない。
"Officium"Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble 1994年ECM NEW SERIES
(POLYDOR)
ヤン・ガルバレクのSAXとヒリヤードアンサンブルの透通ったコーラス
とのコラボレーション。
もう何年も、何度も聞いているが、また聞いている。
Officiumをききながら、イタロ・カルヴィーノの「パロマー」を読む。ボルヘス好きには
良いと聞き、図書館で借りてきたのだ。しかしアドルフォ・ビオイ=カサーレスの
「モレルの発明」
は近くの図書館にない。Amazonでは簡単に入手できるが、それでは
つまらない。次の週末はオフィスの近く、神保町、早稲田界隈でもぶらついてみるか。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する