ツイート

フランシス・ベーコン展

  • 2013/05/26(日) 23:00:00

フランシス・ベーコン展@東京国立近代美術館
http://bacon.exhn.jp/

今日5/26までの展示、昨日行ってきた。ぎりぎり。
色調はどの絵もだいたい暗い。たぶんベーコンは根暗なんだろう。
でも好きなモノを好きに描いていて楽しそう。

こっちの絵で闘牛に突かれて血を流している男の足は、きっとそっち
の絵の中の男のもので、あっちの絵で椅子に座っている男とも何だか
似ていて、きっとベーコンの恋人なのだ。
エジプト旅行ではスフィンクスにずいぶん感激したんだろう。でもって、
帰ってきた後に描く人物がスフィンクスになっちゃう。暗い牢屋のような
部屋で緊張した面持ちの寂しげなスフィンクス。

ベーコンが男を描く時は隆々とした筋肉の塊で、顔はどうでもいい。
ベーコンにとっての女は丸みを帯びた肉塊かおっぱいであって、それ
以外のものではない。だいたいにおいて。
対象に対する思い入れというか愛情を感じる。だから、背景などシンプル
にすましちゃうし、手足の先まで一々細かい描写をするなんてことには
関心がない。
ベシャっと顔面は潰されて、皮膚も輪郭も損なわれたケロイドのごとき
表情。アンバランスな身体のねじれ、ゆがみ、まちがった接続。そこに
色々と哲学的、精神分析的解釈を接続することは可能だし、ひとつ
の楽しみ方だろう。みんなベーコンの絵を勝手に楽しめばいいのだ。
ただ、ぼくは、ベーコンに言葉を接続して意味付けや説明をするよりも
絵そのものの可笑しみを味わいたい。

展示会場に流れていたベーコン本人のインタビュー映像では、創作の
方法について「アクシデント、チャンス、降りてくるのを待つ」のようなこと
を言っていた。そんなものなのだ。たまたま、絵筆をベシャっとやって
みたら、面白い顔になった、ぐらいの描き方をしているのだよ。
それでいいじゃない。
5月の秩父俳句道場で金子兜太先生に「創作する際、主題をあらかじめ
設定するか」と質問をしたところ思わぬ答えが返ってきたのを思い出す。
「コンディションだな。体調を万全にする。」つまり、その瞬間をつかむには
先ずは心身の調子を整えておくことが大事なのだ、と理解した。

それにしても、土方巽には笑った。ベーコンを観たらどうしてもベーコン
をやりたくなっちゃうのね。そうしたら、展示会場の最後でまたまた土方と
おなじようにベーコンやらなきゃ気がすまない!って感じのひとがベーコン
的にくねくね踊ってて吹き出してしまった。(ウィリアム・フォーサイスだった)。

あー楽しかった。

帰りがけ、神保町の『マンダラ』に立ちよりチキンバターマサラ、美味し!
御嬢は小辛、ぼくは大辛。頭のてっぺんから汗かいた。ベーコンも汗と一緒
に流れていった感じがした。

以上

BBQのレシピ チリビーンズ、カルパッチョほか

  • 2013/05/06(月) 17:44:19

先日仲間内で開催したBBQで平田さんが作ってくれた
本場テキサス仕込みのチリビーンズ、おいしかった。
家でやってみました。

平田さんのチリビーンズ
------------------------------------
材料
・牛挽肉 400〜500g
・キドニービーンズ 3缶
・トマトソース 4缶
・にんにく 1片(みじん切り)
・玉ねぎ 2個(荒みじん切り)
・チリ・パウダー 大さじ3
・赤ワイン 少々
・塩、胡椒 適宜
・水 2〜3カップ(何回かに分けて入れる)
・レッド・ペッパー お好み
------------------------------------
作り方
.侫薀ぅ僖鵑北少々、にんにくを炒める。
 玉ねぎを入れ色づくまで炒める。
挽肉を色が変わるまで炒め、にじみ出た脂分を拭取る。
深鍋に ↓◆▲ドニービーンズ、トマトソース、
 水1〜2カップを入れる
だ屮錺ぅ鵝塩、胡椒、チリパウダーを加える
ナ騰したら弱火にして2〜3時間煮込む。
 鍋底に付きやすいので、こまめにかき回す。
 様子を見ながら水1〜2カップを足して煮込む。
 水は何回かつぎ足す。
辛めが好みの場合はレッド・ペッパーを加えてもよい。
------------------------------------
半分位の分量で作りました。
キドニービーンズが無かったので大豆の水煮を使いました。
チリ・パウダーの代わりに種を取り除いた唐辛子を5本
ほど入れて煮込み、仕上げに大辛のレッド・ペッパーを
適当に入れて完成。

コクのある美味しいチリビーンズができましたが、大豆は
煮込むとやわらかすぎて、これはこれで美味しいですが
皮のしっかりしたキドニービーンズの方がより本場の味に
なるでしょう。
ビールにぴったり!お試しあれ!


それから、好評だったカルパッチョ・ソースのレシピをメモ
しておきます。
先日のBBQでは、石巻直送取れたて殻付ホタテからその場
で貝柱をさばいてカルパッチョにしたので最高に美味しかった。
カルパッチョは素材が一番ですね。
普段家でやる時は、スーパーで調達できるサーモンやアジ、
タイ、ホタテなどを使っています。

カルパッチョ・ソース
------------------------------------
材料
・にんにく 半片(すりおろし)
・粉チーズ 大さじ2
・塩 適当(2〜3つまみくらいかな)
・ブラックペッパー 適当
・イタリアンパセリの葉 適当(みじん切り)
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ5
 上記材料が浸るくらい
・付け合せのハーブや野菜など
 先日のBBQでは庭先で生えていたフェンネルを散らし、
 レモンを少し絞ってふりかけました。
 玉ねぎスライスを水にさらしたものや、トマト、貝割れ大根
 などもよく付け合せにします。松の実やケッパーもアクセント
 としてグーです。

------------------------------------
作り方
〆猯舛鯀管入れてスプーンでよーくかき混ぜる。
 油が細かくなって、とろりとするくらいまでかき混ぜます。
 我が家では大きさが手ごろでかき混ぜやすい軽量カップ
 にいれて作ります。

魚介類を薄く切り、お皿に並べます。
 キッチンペーパーなどで、よく水気を切っておくと美味しくできます。
 また、よく冷えていたほうが美味しく感じます。

※レモンはかけ過ぎると素材が白く締まりすぎることがあるので
 少しでよいと思います。
※カルパッチョのソースをかける前に、素材に塩コショウを振る
 レシピが多いですが、我が家ではソースで味付けします。
 素材にもよりますが、先に塩を振ると水が出て生臭さが気になる
 ことがあります。
------------------------------------

昨日、スーパーのホタテ貝柱で作りました。まあまあです。


それにしても、石巻のホタテはうまかった!

BBQの時の調達先は
石巻津田鮮魚店さん。
http://www.tsuda-sengyo.jp/

ネットでも調達できます。

おまけ
アカシアの花のてんぷら
ふわっと馨る、期間限定の美味です。


焼き空豆
豆だけ出して茹でたほうが食べやすいですが、
この手間がいいんです。


以上

廻り目平から金峰山

  • 2013/05/01(水) 01:25:42

今年のGW前半、最高にして最悪。
車で廻り目平キャンプ場前日入りテント泊、翌朝金峰山ピストン
して増富温泉、のコースだったが不覚にもアイゼンの準備を
すっかり忘れて残念!

西股沢から尾根に向かう急登、標高1900m位から残雪、所々
アイスバーンで、アイゼン無くしては絶対無理!しかも軽アイゼン
ではなくて12本歯のちゃんとしたやつ。
同伴したお嬢はびたーんとマンガみたいに滑って転んでかわいそう、
ごめ〜ん!
ということで、途中下山しました。

かつてこの時期に雲取から甲武信への縦走でひどい目にあった
にもかかわらず、事前のフィールドコンディション、チェックしてない
なんて登山者失格。以上、最低。

で、最高なのは廻り目平キャンプ場。
直火で焚き火ができる!薪は雑木林のそこら中に落ちている。
こんなキャンプ場はほかに知りません。
みんなそれぞれの焚き火を囲み、氷点下の夜に溶け込む。


廻り目平キャンプ場はクライマーのメッカでもある。
こんな岩場で練習。

早々に下山したおかげで、増富ラジウム温泉を堪能できました。

温泉の駐車場でお婆ちゃんが売っていた「虎豆」うまい。

金峰山また参ります。