ツイート

ル・マルカッサン 護国寺

  • 2008/09/07(日) 19:12:08

友人夫妻と彼ら行きつけのビストロに出かけた。

ル・マルカッサン (護国寺)

お通しに「パテがのったバゲット」をかじりつつ、
シャンパンを飲みながらおしゃべり。
オードブルに「お肉のテリーヌと砂肝のコンフィ」。
掌くらいもある四角いテリーヌはボリューム感たっぷりだが、
コクがあって脂っこくない。食べ飽きない美味しさ。
砂肝は砂肝とはおもわせない舌触り、塩加減よくコンフィされて、
旨みがとじこめられている。脇に置かれたマスタードをちょいと
つけて食す。次回もまた食べたくなる一皿。
連れの頼んだ「ホタテのテリーヌ、ウニソースのせ」も味見。
ぷりぷり感にウニのまったりとした甘み。これも絶品。
どの皿にも同じ付け合せのサラダがついているが、これの
ドレッシングがまたうまい。

ハウスワインの赤をボトルで。
二種類味見させてくれて、気に入ったほうのボトルを頼む。
うれしい気くばりだ。お手軽価格で十分美味しいワイン。

自家製のくるみパンとバゲットがいいかおり。
好きなだけたべていい。

メインにはメニューに記載のない「エゾ鹿肉のロースト」。
やわらかいけどしっかりとした肉感。臭みはいっさいない。
付け合せのマッシュポテトと一緒に食すとまろやかな別の味わいに。
連れは「うずらのきのこ詰めロースト」。まるくふくらんだ
うずらの中にきのこの埋まったパテがふんわりとつまっている。

デザートは、ほろ苦くて甘すぎない「キャラメルアイスクリーム」
定番「タルトタタン」はりんごの柔らかな歯ざわりとともに美味。

いつしか外は雷雨。雨脚が通り過ぎるまで、くつろがせていただこう。

食後酒には元フローベール研究家でもある友人のお勧めで
フローベールが愛飲した蒸留酒「カルヴァドス」を。
僕は琥珀色のをいただいたが、友人は、シェフから熟成方法の
違う二種類を半分ずつ飲んでみろとすすめられ。
半分ずつどころか、きまえよく各一杯ミニグラスに注がれた液体
の片方は透明に澄んだカルバドス。

程よく酔いがまわったころには外の雨も上がってふと時計を見ると
22:30。ちなみにお店は21:00閉店だ。

調理から給仕、接客までおひとりですべてをこなす、気さくな笑顔
のシェフがまた素敵なお店。しかもすごくリーズナブル。
何度でも足をはこびたい。

以上