ツイート

Pleasure Vinyl, "Officium"

  • 2005/05/29(日) 21:00:00

オフィチウム(ラテン語)で聖務日課(聖なる務め)は「オフィス」の語源らしいが、
Polshakovの中でオフィチウムとオフィスほどかけ離れたイメージもほかにない。
"Officium"Jan Garbarek & The Hilliard Ensemble 1994年ECM NEW SERIES
(POLYDOR)
ヤン・ガルバレクのSAXとヒリヤードアンサンブルの透通ったコーラス
とのコラボレーション。
もう何年も、何度も聞いているが、また聞いている。
Officiumをききながら、イタロ・カルヴィーノの「パロマー」を読む。ボルヘス好きには
良いと聞き、図書館で借りてきたのだ。しかしアドルフォ・ビオイ=カサーレスの
「モレルの発明」
は近くの図書館にない。Amazonでは簡単に入手できるが、それでは
つまらない。次の週末はオフィスの近く、神保町、早稲田界隈でもぶらついてみるか。

Pleasure Vinyl, 808とMonkeyMafia

  • 2005/05/16(月) 23:57:00

先日レコファン町田店で、しかもこの辺境の地で、808STATE/Pacific&Cubik
のリマスタ盤を発見した。とても懐かしく感じ、帰宅後古い棚をあさったがCDが見当たらず、
98年のVinyl盤、Pcific808:98.Cubik98,Mixs by Grooverider,MonkeyMafia and 808StateのREMIXを堪能する。808はまだ聞ける。
ちなみに、MonkeyMafia/Live at the Sosial vol.2/Monkey MafiaことJon Carter Mix96年byHeavenlyRecordings@London(CD)は、超かっちょいい!ぞ。

Pleasure Vinyl, In between Dreams

  • 2005/05/15(日) 01:56:00

Jack Jonsonの新譜
フレットにスティールのこする音、カッティングのリズムと、さっぱり
としていてスローなメロディ。
思いつきで歌うみたいにして、海の見えるバルコニーのベンチに裸足で、
アコースティックギターを膝に口ずさむ、そんな風景。
F>Dm>B♭>B♭m/Gm/Dm>F・・・みたいなシンプルなコード進行が郷愁を誘う。
メッセージは聞かなくたって、やつに違いない。
思わずギターをひっぱり出してきてしまう。

Pleasure Vinyl,  シューマン 幻想小曲集 作品12

  • 2005/05/09(月) 00:43:00

そろそろ演奏が終わるので寝ることにする。
Martha Argerich/SCHUMANN/FantasieStucke,Op.12
,CBS-SONY1977年。
他と聞き比べたことはないが好きだ。
中古で入手したレコード。


ピアノの向こう側の闇に溶けて
物憂げに耳を澄ますような目つきをした彼女の指先を想像する。