ツイート

books reminder 『食卓の音楽』 新装版!

  • 2011/08/27(土) 11:26:36

杉恒夫歌集 『食卓の音楽 新装版』



幻の第一歌集、刊行より24年を経て、待望の新装版。

228首収録。各章扉に著者撮影の写真。

栞=前田雪子・永井陽子・井辻朱美・中山明

2011年9月22日発行
A5判並製カバー装154頁
定価:本体2000円[税別]
装幀/真田幸治

六花書林 http://rikkasyorin.com/syuppan.html

以前の books reminder 『食卓の音楽』 その一、その二 で紹介したとおり、
絶版で中古でも売っていなかった杉恒夫さんの第一歌集、ついに復刊。
ほんと幻だった。大学図書館にやっと見つけて全部ノートに筆写して腱鞘炎に
なりそうだった本。

前に紹介していない句をいくつか抄出



   くだものの皮ほぐれつつくだものの芯にサティのオルゴール鳴り


   たくさんの空の遠さにかこまれし人さし指の秋の灯台


   少しさむい春の夜だからワグナーのトランペット群ぎんいろがよい


   完全に閉じられている曲面のさびしさは卵なでていにけり


   つつかれてヨーグルトに沈む苺 やさしき死などあるはずもなく



以上

books reminder 『食卓の音楽』(その2)

  • 2010/07/24(土) 11:30:53

ご期待に応えてその2。


第一歌集『食卓の音楽』

 菜の花のおそろげもなき黄なる丘 なだるる末に海盛りあがる
 食パンの白い内部を通過するパン切りナイフむずがゆい春
 飛翔する明日を断たれし小鳥食えば繊くてまろき骨の関節
 失われし森の夜明けにひびきたるガラスの翅の蝉とおもえり
 かなしみよりもっとも無縁のところにてりんごの芯が蜜を貯めいる


第二歌集『パン屋のパンセ』
 
 晴れ上がる銀河宇宙のさびしさはたましいを掛けておく釘がない
 透明な秋の空気はフラスコのなかでフラスコのかたちをしている
 仰向けに逝きたる蝉よ仕立てのよい秋のベストをきっちり着けて
 音荒く雨ふる夜明け胸という一まいの野を展げていたり
 バレリーナみたいに脚をからませてガガンボのこんな軽い死にかた



五つずつ、僕の好きなのを抄出。
むずかしいことばづかいはなく、ひらがなづかいもまろやかに
何気ないものごとをすくい上げやさしくいのちに触れるうた。

ではその3はそのうちにまた。

books reminder 『食卓の音楽』 (その1)

  • 2010/07/15(木) 23:21:40

私はどうしても、第一歌集を読んでみたくなったのだ。

杉崎恒夫氏の第一歌集である『食卓の音楽』(1987年刊)を大学図書館で全句書き写した。
絶版で売っていないのだ。古本にもない。
時間がない中での作業であったため鑑賞は後回しで腱鞘炎一歩手前の筆写となった。

A.O.氏より『パン屋のパンセ』が素敵だと紹介を受けて、早速Amazonに行くも既に売り切れ。
直接出版社へ連絡を入れて入手した。杉崎恒夫氏の第二歌集ということであった。
みずみずしい、という形容詞は自然に口をついて出た。90歳と聞いてさらに驚いた。
後で知ったが、すでに帰天されていた。

例えば以下のようなうたうた。

第一歌集『食卓の音楽』
 ティ・カップに内接円をなすレモン占星術をかつて信ぜず
 落ち蝉の翅の網目に刻まれし夏つかぬまの光の記憶
 かなしみは生命の錘(おもり)子午線を越えて傾くオリオン星座
 わだかまる集合無意識 暗緑のブロッコリーは丸ごと噛じる
 楽器にはない進化論いつの世もチェロはやさしいびてい骨もつ

第二歌集『パン屋のパンセ』
 ゆびというさびしきものをしまいおく革手袋のなかの薄明
 卵立てと卵の息が合っているしあわせってそんなものかも知れない
 大文字ではじまる童話みるように飛行船きょうの空に浮かべり
 星空がとてもきれいでぼくたちの残り少ない時間のボンベ
 止まりたいところで止まるオルゴールそんなさよなら言えたらいいのに

次回(その2)をもうけよう。さらにいくつか歌をひいてご紹介したい。